公園・緑地内外にある遺跡等

八王子ニュータウン地区は、片倉城跡公園と片倉町壷公園を除く全公園緑地が、平成9年(1997年)街開きした「八王子みなみ野シティ」にあります。

大規模な開発整備されましたが、公園緑地内に昔利用していた生活跡がところどころ残されています。

このページではその様な跡を紹介したいと思います。

七国の尾根緑地

林道跡

七国の尾根緑地 東京造形大学側の境界端から緑地沿いの山道と並行して今は使われていな道が現れます。

大きなトラックすれ違えれるくらいの幅とガードレールなどがみられます。

北側に行くといきなり開けた崖になり目の前には宇津貫緑地や七国の工場やまちなみが見渡せます。

逆に南側、東京造形大学側に行くと境界お表示している柵の所で突然道はなくなります。

恐らくニュータウン開発前に整備された林道と思います。